うつ病にかかってしまったら、検査をしよう

ココロのこと、みんなで考えよう

自分でチェックしよう

仕事に悩んでストレスがたまる

ストレスを抱えるとなりやすいのがうつ病です。うつ病になってしまうと陰鬱な気性になってしまい何をするのにもやる気ができないというような症状が生じてしまいます。 ひどくなってしまうと人と出会うのが難しくなったり、仕事に通うことができなくなってしまうというようなこともありますので、うつ病の進行というのには気を付ける必要があります。 うつ病の原因としてはほとんどがストレスであるといわれています。仕事ですとか人間関係に悩んでしまうことによって、それでストレスがたまってしまい、それによって神経に支障をきたすというようなことになってしまいますので、うつ病の予防のためにもストレスをなるべくため込まない生活をしましょう。

自己チェックで調べる

また、うつ病は初期のうちには単なる落ち込みであるというような風に誤解をされてしまうことがあります。そのために本当はリフレッシュをしてストレスを発散しなければならないのにそれに気づかないで、仕事などを続けてしまってストレスが余計に溜まってしまうというようなこともあります。 そうしたうつ病を進行させることにならないためにも定期的に自分の症状をチェックするようにすると良いでしょう。チェックをすることで、どれだけうつ病が進行しているのかというようなことを簡易的に調べることができます。 医者などに診てもらうのに抵抗感がある方も多いでしょうから、自己チェックをすると良いものです。自己チェックでうつ病の進行具合がわかります。

様々なチェックの方法とは

最近ではうつ病かどうか調べる方法が増えてきて、いつでも気軽にチェックを行うことができるようになりました。 まず一番簡単なチェックの方法ですが、Webサイトで公開されているうつ病チェックシートを利用する方法です。 公開されているチェックシートはWHOなどが公開している基準を元で、Webサイトによって多少カスタムされています。 次にスマートフォンアプリを利用する方法です。 この方法もWebサイトの方法と同様に簡単に利用することができます。 そして、アプリによっては心理状態の継続管理などができるものもあります。 そして一番信頼度の高い方法が心療内科への受診です。 直接専門の医師に見てもらうことが病気かどうか調べる上で一番確実な方法です。

うつ病を治す為に必要な費用は

うつ病を治す為に必要な費用は病気の程度によって様々です。 軽度な場合は2,3カ月分のお薬代程度ですが中・重度になると費用も増えていきます。 また、最新医療のTMS磁気治療などは高額ですが病気の期間をとても短くすることができます。 その為、費用を抑える意味でも病気かなと思ったらすぐに治療を始めるほうがよいでしょう。 長期治療になる場合でも費用を抑える方法はあります。 お薬をジェネリック医薬品へ変更する方法と、市役所での自立支援制度を使用する方法です。 これらの方法を利用することで支払う費用を抑えることができます。 さらに運動療法を治療に取り入れるようにすれば治療期間の短縮も期待できます。 うつ病を治す時も賢く治していきましょう。