うつ病にかかってしまったら、検査をしよう

ココロのこと、みんなで考えよう

相談しよう

自分自身で判断してみよう

ストレス社会の現代では、もはや現代病ともいえるうつ病。その患者はどんどん増加しており、さまざまなメディアでも扱われて有名な病名でもあります。そんなうつ病ですが、早期の状態で気付ければ、重症になる前に原因や要因を改善し、完治することも可能です。その際に利用したいのが、うつ病チェック。病院へ行けば問診や面接などとともに実行される場合もあるようですが、他にもセルフチェックシートもあります。それらはインターネットや関連書籍などで簡単に入手できますので、もしうつ病かもしれないと思ったなら、一度利用してみるのも良いでしょう。ただし病院で行うチェックと異なり、医師による正確な判断とまでは言えない上、そのサイトや書籍によって質問内容は異なっているため、注意しましょう。セルフチェックはあくまでちょっとした目安程度だと思い、本格的には病院の医師に判断をしてもらいましょう。

心配だからチェックしてみよう

うつ病患者の増加とともに、そのセルフチェック方法はいろいろなメディアや媒体で見聞きするようになってきています。おもに自分自身で判断できるチェック方法が多いですが、他にも他人が判断するというチェック方法も存在しています。うつ病は自分自身では気付かない場合も多いので、そういった際には、他人が判断できるチェック方法は早期発見につながるので大変重要です。またうつ病チェックと言っても、その種類は細かく分かれているものもあります。たとえば女性用のものや、新型うつ病用。躁うつ病専用や学生用のチェックシートなどもあるようです。これらはインターネット等で簡単に利用できますし、もっと本格的に判断したいのならば、病院で医師に質問してみるとよいでしょう。