うつ病にかかってしまったら、検査をしよう

ココロのこと、みんなで考えよう

メンタルのケアが必要

誰しもかかる可能性のあるうつ病

うつ病は現代病とも言われ、ストレスの多いこの社会の中では誰しもかかる可能性のある病気の一つです。特に責任感の強い人がなる傾向があり、自覚症状が出たときには重症化しているケースも稀ではありません。本人は自分が鬱だということを認めたがらず、今までどおり頑張ろうとしてしまうためです。最近の企業では社員がうつ病にならないように、メンタルヘルス対策をしているところもあります。メンタルヘルス対策ではいくつかの設問があり、その回答次第でストレスに対する耐性のチェックや、うつ病にかかるリスクのチェックができます。すでにうつ病の疑いがあるような場合は、病院を紹介してくれたりケアの仕方を教えてくれます。まずは休暇を取らせ、ゆっくり心と身体を休ませると良いです。

会社ができるうつ対策

1人うつ病患者が出てしまうと、その人の労働力は大きく低下し、周りがサポートしなくてはなりません。そしてサポートしている人に大きな負担がかかり、その人がまたうつ病にかかってしまい、会社全体がうつの巣窟のような状態になってしまうことがあります。そうなってしまうと会社の労働力が大きく低下するばかりでなく、経営にも影響を及ぼしかねません。うつ対策に力を入れることは会社を正しい方向に導く上で重要なことです。会社ができるうつ対策には、カウンセリングを呼んで一人ひとりのメンタルヘルスケアをすることや、人材を増やして1人にかかる負担を軽減させること、フレックスタイムの導入などがあります。部下に過剰なストレスを与えないために、上司を教育するプログラムもあります。上司が部下の健康状態をチェックすることも大事です。このように会社は社員一人ひとりの心の状態をチェックし、うつを発生させないような取り組みをすることが大切です。